笠置シヅ子の生い立ちが壮絶すぎる!家族と離れて養女になった理由は?

戦後「ブギの女王」として一世を風靡した歌手で女優の笠置シヅ子さん。

朝ドラ「ブギウギ」の趣里さん演じる主人公・スズ子のモデルとしても知られています。

今回は、そんな笠置シヅ子さんの生い立ちや養女になった理由についてまとめてみました。

目次

笠置シヅ子の生い立ちは?

笠置シヅ子の生い立ちは?
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%A0%E7%BD%AE%E3%82%B7%E3%83%85%E5%AD%90

戦後の歌姫である歌手の笠置シヅ子さん。

笠置シヅ子のプロフィール
  • 名前:笠置シヅ子
  • 本名:亀井静子(かめい・しづこ)
  • 生年月日:1914年8月25日
  • 没年:1985年3月30日(70歳没)
  • 出身:香川県大川郡相生村(現・東かがわ市)生まれ、大阪育ち

一体、どんな生い立ちだったのか時系列順にご紹介します。

出身から初舞台デビューまで

1914年:香川県大川郡相生村で生まれ、生後半年で亀井家に養子として引き取られ亀井ミツエ(後に静子)に改名

1927年:小学校卒業後、宝塚音楽歌劇学校を受験するも不合格、松竹楽劇部生徒養成所へ入所。三笠静子の芸名で「日本八景踊り」で初舞台を踏む

1934年:日本コロムビアから「恋のステップ」でレコードデビューを果たす

1935年:笠置シヅ子に改名

笠置シヅ子さんは香川県生まれで大阪育ちです。

生まれて間もない頃に、大阪に住む米屋・亀井家の奥さんが笠置シヅ子さんを養女として貰い受け、継母の家族の元で暮らしていました。

亀井家に養女として貰われてから、亀井ミツエ(後に静子に改名)に名前を変え、以降本当の血の繋がりを知らないまま亀井家で育ちます。

養父・亀井音吉さん、養母・亀井うめさん、義兄弟の頼一さん、正雄さんとともに家族として大阪で暮らし、継母のうめさんより溺愛されて育ったといいます。

正雄さんが3歳で他界してからはさらに溺愛され、5歳になった頃から踊りや三味線の習い事をし、これが人生に大きく影響を与えました。

幼少期から歌や踊りが上手く、近所でも評判高かった笠置シヅ子さんは小学校を卒業後、宝塚音楽歌劇学校へ進学することを決意します。

しかし、筆記試験と面接は無事合格したものの、当時145cmと身長が小さく痩せ型だったため不合格となってしまったそうです。

一方で笠置シヅ子さんは歌劇の世界を諦めること無く、「松竹楽劇部生徒養成所」のかつて日本歌劇学校へ受験し合格となりました。

1927年には、三笠静子の芸名を名乗り「日本八景踊り」で初舞台を踏み、1934年に「恋のステップ」でレコードデビューしました。

ブギの女王として大スターになるまで

1933年には、「秋のおどり・女鳴神」に出演し一躍スターになった笠置シヅ子さん。

戦後1947年には、服部良一作曲の「東京ブギウギ」が大ヒットとなります。

そこから、大阪ブギ・買物ブギなどをヒットさせたことで「ブギの女王」と呼ばれるようになりました。

のちの美空ひばりさんが、笠置シヅ子さんの楽曲「セコハン娘」のモノマネでブレイクするまで、芸能界のスーパースターとして君臨し続けました。

笠置シヅ子が養女になった理由は?

笠置シズ子が養女になった理由は?
引用:https://www.dailyshincho.jp/article/2023/11111102/?all=1&page=3

笠置シヅ子さんが養子になった理由について、解説していきます。

養子になった主な理由として、

  • 実の両親が結婚を許されない関係だった
  • 父親が若くして亡くなり母親は実家へ追い出され生活に困窮
  • 母親の母乳の出が悪いことで継母が母乳提供を提案し情が湧いていくうちに養女として貰い受けることを申し出た

という経緯がありました。

詳しく、見ていきましょう。

実の父親・三谷陣平さんは豪農の名家で郵便局員をしていました。

豪農とは:多くの土地を所有し、ある程度の権力を持った裕福な農家のことを指します。

そして、三谷家に家事手伝いとして同居していた谷口鳴尾(なお)さんと関係を持ち、笠置シヅ子さんが生まれています。

両親は結婚が許されない関係だった

しかし、名家であった三谷家は2人の結婚を許さず三谷陣平さんは笠置シヅ子さんのことを認知することがないまま25歳の若さで他界

谷口鳴尾さんも三谷家から追い出される形で、やむなく子供を連れて実家の香川県大川郡引田町に帰ることになりました。

ちょうど同じ頃に、笠置シヅ子さんの継母・亀井うめさんが大阪市から出産のために引田町へ帰省している最中のタイミングのことでした。

谷口鳴尾さんは実家へ帰ったものの生活は苦しく、母乳の出が悪かったため笠置シヅ子さんはいつも泣いていたといいます。

奇しくも子育てに励む母親同士として知り合った2人ですが、世話好きの人情家だった亀井うめさんは笠置シヅ子さんを不憫に思って自らの母乳の提供を提案しました。

貰い乳をしている間に笠置シヅ子さんも亀井うめさんに懐き、一方で亀井うめさんも情が移ってきたことからシヅ子さんを養女として貰い受けることを申し出たそうです。

生活に困っていた谷口鳴尾さんも提案に仕方なく応じ、亀井うめこさん単独でシヅ子さんを引き取ることを決めたようです。

笠置シヅ子さんが養女となった経緯には、かなり複雑な事情があったようですね…。

まとめ

今回は、笠置シヅ子の生い立ちが壮絶すぎる!家族と離れて養女になった理由は?というテーマでご紹介していきました。

名家の事情から実の父親から認知してもらえず、使用人という立場から追い出されることとなった母親。

生活の困窮から母乳が出なかったことで継母から母乳を与えられ、情がわいたことで養子となった複雑な家庭で生まれ育ちました。

18歳になるまで養女であることを知らなかった笠置シヅ子さんですが、このめぐり合わせがシヅ子さんの人生を大きく変えたのでしょうね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次